本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

ICC キッズ・プログラム 2021
「チューンナップ じぶんをととのえる」

2021年7月24日(土)—8月22日(日)

ICC キッズ・プログラム 2021
「チューンナップ じぶんをととのえる」

概要

今年度のキッズ・プログラムは,「チューンナップ じぶんをととのえる」と題し,昨年来,それ以前とことなる環境で生活を続ける中で,自分のことをあらためて発見したり,気がつかなかった些細なことに気づいたり,ひとりではなく,誰かと考えてみたり,新しい楽しみを見つけたり,といった様々な方法で,自分をととのえることをテーマとします.

単に新しい生活に自分を合わせるのではなく,それぞれの個人が,自分のコンディションに合わせて,自分をどのようにととのえるのか,そのよいやり方を考えながら,「チューンナップ」してみませんか.

オンラインでのワークショップや映像視聴は,遠隔地からでも体験でき,データをダウンロードしたり,出力したりすることで,どこでもワークショップを行なうことができます.実際の会場での展示,オンラインでのワークショップ,自分(たち)でできるエクササイズ,などのほか,アーティストのオンライン・レクチャーやパフォーマンスなども行ないます.



オンライン展示

開催期間:2021年7月24日(土)—8月22日(日)
会場:https://hyper.ntticc.or.jp/
体験無料

オンライン展示会場へ

リアル展示

開催期間:​2021年8月7日(土)—22日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]  ギャラリーA
開館時間:午前11時—午後6時
入場無料(事前予約制・当日入場は事前予約者優先)
予約方法詳細は,こちらよりご確認ください.(株式会社イーティックスデータファームが運営するオンラインチケットサイト)
休館日:2021年8月10日(火),16日(月)
休館日以外においても,開館時間の変更および臨時休館の可能性がございます.

リアル展示 来場予約へ


共同キュレーター:谷口暁彦


主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] (東日本電信電話株式会社)
後援:渋谷区教育委員会,新宿区教育委員会,中野区教育委員会,文京区教育委員会

お問い合わせ:https://www.ntticc.or.jp/ja/about/visit/contact/inquiry/

出品作家と作品例

荒牧悠 リアル,オンライン

(参考図版)

「風が心地よい日,生垣の葉の中にやたらと揺れている葉が一枚ある.揺らしている要因が風だけではないような揺れ方をしていて,とても気になる.しばらく眺めていると,葉柄が細くなっていることに気がついた.周りの交通の振動もその細い葉柄を通じて葉をおおげさに揺らすのだろう.もうすぐ枝から落ちるのかもしれない,まさに葉が落ちる瞬間に立ち会おうとしているのだと気持ちが高まった」(荒牧悠)

荒牧悠は,太さが違うだけで思いがけない動きを引き起こす構造のヴァリエーションや,見え方の印象を作る図と地の関係などに関心を持って制作を行なっています.ほんのわずかな違いで意外な効果を生んでいる出来事は,案外身の回りに溢れているものですが,その効果をあえて作り出すには,手元で確かめて,間違えたり,その差や違いを見つけたりしながら,試行錯誤を繰り返すことが必要となります.その過程を自分で実験しながら,「こうすればこうなるだろう」というような予測やすでに持っている想像を押し拡げるきっかけが見つけられるような展示を行ないます.


小鷹研究室(名古屋市立大学) リアル,オンライン

佐藤優太郎,石原由貴,小鷹研理,名古屋市立大学大学院芸術工学研究科小鷹研究室《蟹の錯覚》2018年-

名古屋市立大学大学院芸術工学研究科の小鷹研理研究室では,「からだの錯覚」を中心テーマとして,新しいメディア空間における新しい〈からだ〉のかたちを模索しています.「からだの錯覚」を実際に体験してみることや,新しい「からだの錯覚」を考案することを重視し,認知心理学における重要な概念である「身体所有感(ある身体が自分の身体である,という感覚)」に対する理解を軸に,種々の心理実験から所有感を変調させるための必要条件を吟味しています.また,VR技術を積極的に導入し「具体的に体験可能なインタラクション装置」のなかで設計された〈からだ〉のリアリティを様々な尺度で検証しています.

今回の企画では,小鷹研究室が発表した,特別な材料や道具を用いずに手軽に「からだの錯覚」を即席に体験することができるオンラインでのワークショップや,リアル展示では,体をモノのように錯覚する体験装置などを展示します.


小光

《Wander in Wonder》2018年

何かが起こることへの期待感や,どこに何が隠されているのかを見つける楽しみを感じる,ゲームのような感覚で作品世界の中に引き込まれてしまう3つのアニメーション作品です.

《here AND there》2017年 リアル

傘をさわると何になるかな?犬の鼻をつかむと何がおこる? 画面じゅうをタッチして海と家と街ののんびりとした1日を行き来してみよう.アニメーションにインタラクションの連鎖を密かに仕込み,探ることの楽しさがより一層感じられるものになっています.

《Wander in Wonder》2018年 リアル

迷子になったうさぎが家に帰るまでを見守る,インタラクティヴなアニメーション作品.すこしずつ夜に近づいてしまう中,不思議と花や草たちは帰る道を示してくれる.プレイした後,観客が道に生える小さな植物のことや子供の頃の記憶をふと思い出せるような作品として制作されました.

Coffee Dogs《you understand kawaii》2021年 オンライン

散歩する犬たちに「かわいい」と声をかけてみよう. 小光と薄羽涼彌(うすはりょうや)からなるゲーム制作チーム Coffee Dogs による作品.日常の微かな幸せをゲームとして体験することができます.


正直+臼井達也 リアル,オンライン

正直 2019年のパフォーマンス 撮影:鹿+関真奈美

2016年,小林椋と時里充によって結成されたパフォーマンス・ユニット.養生テープをモーターで巻き取る.テープは芯からモーターの軸に巻き取られる際,糊の剥がれる音を発したり,空間的に引き伸ばされたりします.パフォーマーは黙々と作業を進める中で生じる微細な物の状態を観察し,調整を繰り返しながら,その音や空間をチューンナップしていきます.
今回は,ゲストとして臼井達也が参加.会場と遠隔地からオンラインでの共演を試み,配信,ライヴ・パフォーマンス,アーカイヴによるインスタレーションを展開します.


渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

《「わたしたちのウェルビーイング」未来日記》 リアル,オンライン

「わたしたちのウェルビーイングカード」2021年(参考図版)

現在のコロナ禍は,リモート中心へと生活様式が変化するなかで,誰もが,一人ひとりの多様な幸せ(ウェルビーイング)を見つめなおす機会となっており,特に子どものウェルビーイングを高めることの重要性が指摘されています.NTTの研究所では,主に人間情報科学の観点から,ウェルビーイングにつながる心理的な要因の解明やその機序についての研究に取り組んでいます.

今回出品する《「わたしたちのウェルビーイング」未来日記》では,子どものウェルビーイングの学びに向けた取り組みとして,ウェルビーイングを感じる様々な状況が書かれたカードを使います.これらの状況は人との関係性によって4つに分類され(I・WE・SOCIETY・UNIVERSE),カードの裏面に分類が記されています.このカードを使って,身の回りのウェルビーイングを見つけ,日記のように記録していくワークショップなどを行ないます.

展示体験企画,カードロゴデザイン:駒﨑掲(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
学術アドヴァイス:村田藍子(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)

特別展示

関連イヴェント

子どもたちの「もっとよく知りたい」に応えるための各種イヴェントを実施予定です.


最新情報はICCウェブサイト(https://www.ntticc.or.jp/)などでお知らせします.

参加アーティスト

関連情報

新型コロナウイルス対策

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]では,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため,お客様ならびにスタッフの健康と安全を考慮し,ご来館される全てのお客様に以下の対応のご協力をお願い申し上げます.

■ 下記に該当する方は,ご入館をお断りさせていただきます.

  • 37.5度以上の発熱症状がある方.(入館時にサーモカメラ及び,非接触型体温計での体温計測を実施します.)
  • 過去2週間以内に,感染拡大地域や国への渡航をされた方.
  • 発熱,咳,鼻水,倦怠感の症状が続くなど,体調不良の方.
  • マスクを着用されていない方.

  • 最新情報はICCウェブサイト(https://www.ntticc.or.jp/)などでお知らせします.

展示 & イヴェントをみる