本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

《公衆触覚伝話》 [2019] “Public Booth for Vibrotactile Communication”

リサーチ・コンプレックス NTT R&D @ICC

《公衆触覚伝話》

作品解説

音声(聴覚),映像(視覚)に加えて振動(触覚)を伝送することで,コミュニケーションを拡張し,遠く離れた人との通信が可能にする表現の可能性を探ります.

リサーチ・コンプレックス NTT R&D @ICC 拡張展示 「コミュニケーションの再考」 の展示期間中には下記の日程で,ICC(東京)と山口情報芸術センター[YCAM](山口)をむすび,遠隔地との触覚通信コミュニケーションの実験も行ないます.

参加型展示,ワークショップ,バフォーマンスなどにおけるイヴェント展開を想定したアイデアを考え,それを実現するためのデモンストレーションを行ないます.

日時:2019年11月23日(土),24日(日),30日(土)
   2019年12月1日(日),7日(土),8日(日),14日(土),15日(日)
各日とも午前11時より午後1時30分,午後2時30分より午後5時


企画:渡邊淳司(NTTコミュニケーション科学基礎研究所,NTTサービスエボリューション研究所),林阿希子(NTTサービスエボリューション研究所)
制作協力:大脇理智,石川琢也(山口情報芸術センター[YCAM]),南澤孝太,早川裕彦(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科),田中由浩(名古屋工業大学)

展示情報

作品一覧