本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

metaPhorest(早稲田大学生命美学プラットフォーム)「生命美学オープンラボ」

2013年5月25日 - 2014年3月2日

metaPhorest(早稲田大学生命美学プラットフォーム)「生命美学オープンラボ」

概要

metaPhorestは,生命科学や生命論の展開を参照しつつ,「生命」を巡る美学・芸術(バイオアート/バイオメディア・アート/バイオロジカルアート/生命美学)の実験・研究・制作を行なうためのプラットフォームです.2007年から,早稲田大学先端生命医科学研究施設の生命科学の研究室内に設置されています.

生命に関わる表現に興味を持つアーティストやデザイナーが比較的長期にわたって滞在し,生命科学研究の現場で,実験設備やセミナーなどを科学者たちと共有しながら活動する機会を提供しています.こうした活動を通じて生命をめぐる科学と芸術の関係性,あるいはそれらの社会的・思想的・文化的な基盤について多面的に探究・表現することを重視しており,国内外のアーティストや研究者とも積極的に交流しています.

この展示では,全体を4期に分け,metaPhorestに現在,あるいは最近在籍していたレジデンス・アーティスト2組ずつの仕事を紹介します.また,オープンな実験室(ラボ)を併設し,会期中に製作や実験を行なっていく予定です.

*「metaPhorest」という名称には,metaphor + forest, meta-forest, super-metaphorといった複合的な含意が込められています.

展示作品

#01 [展示期間:2013年5月25日(土)—8月3日(土)]

オープンラボ

会期中,細胞,微生物,植物などのバイオメディア(生物素材)を用いた観察・表現・研究を行うため,実験スペース(オープンラボ)を設置しています.作品づくりや科学研究のため,作家や研究者がしばしば作業していますが,見かけましたら,どうぞ気軽にお声がけください.(metaPhorest)

参加アーティスト

展示 & イヴェントをみる