本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

ご挨拶

NTTインターコミュニケーション・センター(略称:ICC)は,日本の電話事業100周年(1990年)の記念事業として,1997年4月19日,東京/西新宿・東京オペラシティタワーにオープンした,NTT東日本が運営する文化施設です.

ICCは「コミュニケーション」というテーマを軸に科学技術と芸術文化の対話を促進し,豊かな未来社会を構想していきたいと考えています.また,こうした対話を通してアーティストやサイエンティストを世界的に結び付けるネットワークや,情報交流の拠点(センター)となることも目指しています.

ICCにひとりでも多くの方が訪れ,先進的なアーティストの活動に出会い,交流することによって新時代の科学と芸術の流れを感じ取っていただくことを願っております.

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

ICCとは?

ICCの基本構想の検討は1990年にスタートしており,施設オープンまで8年近い歳月を要しています.この間,ICCはアート&サイエンスにかかわる多くのイヴェントを行なってきたほか,情報発信のための機関誌「InterCommunication」を発行し,それらの成果と蓄積を踏まえ,施設のオープンに至りました.

オープン以来,展覧会活動では,ヴァーチャル・リアリティやインタラクティヴ技術などの最先端テクノロジーを使ったメディア・アート作品を紹介してきたほか,従来の形式や分類を超えた企画展を開催してきました.

また,作品展示にとどまらず,ワークショップ,パフォーマンス,シンポジウムあるいは出版といった様々なプログラムを通じ,従来の枠組みにとらわれない実験的な試みや新しい表現,コミュニケーションの可能性について紹介しています.

主な取り組み

メディア環境の多様性を伝える作品展示

ICCでは,アーティストたちの最新表現に触れられる2つのタイプの作品展示を行なっています.ギャラリー,ミニ・シアター,映像アーカイヴ「HIVE」など,ICCが持つ機能を総合した入場無料エリアで開催される長期展示「オープン・スペース」では,メディア・アート作品をはじめ,現代のメディア環境における多彩な表現を紹介しています.また,特定のアーティストやテーマにフォーカスした企画展示も年に1度開催しています.

上段:「ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある」展(2015) / 撮影:木奥恵三
下段左:中ザワヒデキ《不可視関数試論》1996年 / 撮影:木奥恵三
下段右: スズキユウリ《ガーデン・オブ・ルッソロ》2013年 / 撮影:木奥恵三

アーティストの発想や考えに触れるイヴェント

展覧会会期中には,展示作品への理解を深めることを目的とした,出品作家によるアーティスト・トークやパフォーマンスが開催されます.また,「オープン・サロン」として,国内外のアーティストや有識者などのゲストによるトーク・イヴェントやパフォーマンス,特定のテーマのもとで議論を行なうシンポジウムなどが開催され,ジャンルを超えた交流の場となっています.なお,これらのイヴェントは,インターネット中継も行なっています.

上段: オープン・サロン アーティスト・トーク&パフォーマンス ペ・ラン(2013)
下段: オープン・サロン バーバラ・ロンドン スペシャル・トーク「ヴィデオ幻視者たち:それってテクノロジーと何の関係があるの?」(2014)

about-top-img-03

幅広い層に向けた教育普及活動

ICCでは,子どもから学生,社会人まで幅広い層に向けた教育普及活動を行なっています.学芸スタッフが展示作品について解説する「ギャラリーツアー」,子どもたちを主な対象として開催される「キッズ・プログラム」,アーティストが講師を務める「ワークショップ」,さまざまなメディア事象について考察する「研究会」などを通して,現代のメディア環境に対する理解を深めることを目指しています.また,教育機関や企業による研究開発事例の展示も行なっています.

上段:ARARTワークショップ じぶんのキャラをARにしよう!(2013)
下段左:「オープン・スペース 2014」ギャラリーツアーの様子
下段右: ワークショップ ふしぎなカメラをつくってみよう(2011)

ICC 5F HIVE 視聴コーナー

ICCの多彩な活動を記録したアーカイヴ

「HIVE」は,当館が所蔵するヴィデオ・アート作品,アーティスト,科学者,建築家,批評家などのインタヴュー,過去の展示,シンポジウム,トーク,ライヴ・イヴェントなどを視聴することができる映像アーカイヴです.これらは,5Fに設置された視聴端末や,「HIVE」のウェブサイトで閲覧可能です.また,ポッドキャストやブログ,ウェブ・プロジェクトなどのオンライン活動を通じて,ICCの多彩な活動を記録するとともに,最新情報の発信を行なっています.