本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

三原聡一郎 MIHARA Soichiro

三原聡一郎

プロフィール

1980年東京都生まれ,京都府在住.音,泡,放射線,虹,微生物,苔など多様なメディアを用いて,世界に対して開かれたシステムを芸術として提示している.2011年より,テクノロジーと社会の関係性を考察するために空白をテーマにしたプロジェクトを国内外で展開中.芸術領域以外でも,未来の芸術への可能性として触覚に注目し,「触感普及活動テクタイル」を通じての科学者との議論,生命科学の芸術的実践のために西オーストラリア大学のバイオアート・ラボSymbioticAで滞在制作を行なうなど,多岐に亙る実践を行なっている.

近年の主な個展に「空白に満ちた場所」(クンストラウム・クロイツベルク/ベタニエン,ドイツ,2013/京都芸術センター,2016),グループ展に「科学と芸術の素」(アルス・エレクトロニカ・センター,オーストリア,2015–16),「サウンドアート——芸術の方法としての音」(ZKM,ドイツ,2012)など.その他,アルス・エレクトロニカ,トランスメディアーレ,文化庁メディア芸術祭などで受賞.またヨーロッパ,東アジアを中心に5カ国にてアーティスト・イン・レジデンスを行なった.

[2017]

作品

展示 & イヴェント

オープン・スペース 2017 未来の再創造

ライフパッチ「ルマ(家)とハラマン(庭)」ワークショップ

三上晴子氏追悼イヴェント「RE/membering MIKAMI Seiko」

アーティスト・トーク「SymbioticA × metaPhorest:生命をオープン・スペースで考える2」 metaPhorest(早稲田大学生命美学プラットフォーム)

アーティスト・トーク 三原聡一郎+斉田一樹

オープン・スペース 2012

エマージェンシーズ! 003
斉田一樹+三原聡一郎+むぎばやしひろこ《moids》

クロージング・イヴェント《ヴェクサシオン−c.i.p.@東京オペラシティ》

トーク「ミート・ザ・アーティスト vol.1」

コネクティング・ワールド:創造的コミュニケーションに向けて

オープン・スペース