本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

エマージェンシーズ! 027
大和田俊《unearth》

2015年12月22日(火)—2016年3月6日(日)

エマージェンシーズ! 027
大和田俊《unearth》

概要

2つの部屋に仕切られた空間の一方には複数の石が置かれており,それは,透明な板越しに見ることができます.その石には化石が多く含まれており,点滴で少しずつ酸が与えられることで,化学変化を起こし,溶けながら,二酸化炭素を発生します.化学変化による気体の生成とともに発生する微細な音は,マイクロフォンによって集音され,増幅され,もう一方の部屋に設置されたスピーカーから流されます.

この作品では,フズリナという,2億5000万年前に起こった地球史上最大の大量絶滅で消え去った,小さな海洋生物の化石から構成される岩石(石灰岩)が素材となっています.それらはかつて,海中の二酸化炭素を炭素化合物として生物学的に固定することで自らの身体を形作っていた生物から組成されたもので,それゆえ化石には,かつて生物の体の一部であった二酸化炭素が保存されています.これに薄い酸をかけると,化石が溶け,それによって二酸化炭素が展示空間に放出されるのです.

また,化石には,生物の遺骸が地質学的な力による時間的変化を経て,有機的なものから無機的なものへと変化していく過程が保存されています.作家は化石に,人間の時間のスケールをはるかに超えた過程を見出し,化石化した生物が,その成分であった二酸化炭素へと還っていく様子を観察しつつ,音として聞くことによって,そこに保存された時間や,物質について,私たちがどのように感覚することができるのか考察しています.

※本作品では,約2億7000万年前に形成された葛生石灰岩(栃木県佐野市)を使用しました.


機材協力:FOSTEX
協力:森純平

展示作品

参加アーティスト

大和田俊

1985年栃木県生まれ.サウンド・アーティスト.音響と,生物としてのヒトの身体や知覚,環境との関わりに関心を持ちながら,電子音響作品やインスタレーションの制作を行なっている.東京藝術大学音楽学部卒業,同大学院美術研究科修了.主な展示に「Tokyo Experimental Festival Vol.9」(トーキョーワンダーサイト本郷,東京,2014)など.同展示で最優秀賞を受賞.

展示 & イヴェントをみる