本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

エマージェンシーズ! 020
池内啓人《プラモデルによる空想具現化》

2013年5月25日(土)—9月29日(日)

エマージェンシーズ! 020
池内啓人《プラモデルによる空想具現化》

概要

どこか秘密基地のように見えるジオラマの中心に,明らかにスケールの異なるディスプレイが置かれています.その隣りの建物のように見えるものは,どうやらパソコンのようであり,ジオラマが展示されている横にはプリンターやラジオがラックに置かれ,それは机の上で展開されていることに気づくでしょう.

この作品は,ふだん使用している机の上がジオラマの舞台となり,パソコンやその周辺機器がジオラマを構成する要素として組み込まれています.パソコンや周辺機器は,ジオラマの世界観を演出する建造物などとして造形し直されていますが,機器を構成する電子回路や配線,機構などは破損されずに保たれているため,そのまま使用することができます.

作品に組み込まれた機器は,通常どおりのインターフェイスとして機能します.キーボードの作品はそれ自体がひとつの作品として鑑賞できますが,ジオラマを写すウェブカメラを操作するためのインターフェイスとしても使用され,作品と人との距離感というものをぼやかすインタラクティヴな装置として機能しているように感じることができます.

展示作品

参加アーティスト

池内啓人

1990年生まれ,2013年多摩美術大学情報デザイン学科卒業.
大学でFlashコンテンツやデザインを学ぶかたわら,それ以外の時間の大半をプラモデルの制作をして過ごす.卒業制作にあたり,自分の最も身近なものであったコンピュータの内部が秘密基地に見えるという着想から,プラモデルを組み合わせたハイブリッド・ジオラマを制作し発表した.

展示 & イヴェントをみる