本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

プレスリリース


戻る

2019年4月25日

オープン・スペース 2019 別の見方で

会期:2019年5月18日(土)—2020年3月1日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

開催概要

会期:2019年5月18日(土)—2020年3月1日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
開館時間:午前11時—午後6時
休館日:月曜日(月曜日が祝日もしくは振替休日の場合翌日),保守点検日(8/4,2/9),年末年始(12/28–1/6)
入場無料
主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC](東日本電信電話株式会社)
住所:〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
アクセス:京王新線初台駅東口から徒歩2分
お問い合わせ:フリーダイヤル 0120-144199
E-mail:query@ntticc.or.jp
URL:https://www.ntticc.or.jp/

* 諸事情により開館時間の変更および休館の可能性がございます.最新情報はホームページなどでお知らせいたします.

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] は,日本の電話事業100周年(1990年)の記念事業として1997年4月19日,東京/西新宿・東京オペラシティタワーにオープンしたNTT東日本の運営する文化施設です.ICCは「コミュニケーション」というテーマを軸に科学技術と芸術文化の対話を促進し,豊かな未来社会を構想していきます.

展示概要

「オープン・スペース」展は,メディア・アート作品をはじめとする,現代のメディア環境における多様な表現をとりあげる,幅広い観客層に向けた展覧会です.メディア・アートにおける代表的な作品や,同時代の技術を取り入れた作品,批評的な観点を持つ作品,新進アーティストによる作品,研究機関で進行中のプロジェクトなどを展示しています.さらに,作品の理解を助ける解説とともに,作品を楽しむだけでなく,その背景にある現代の多様化したメディアやコミュニケーションの在り方,または現代のテクノロジー社会について,未来への展望や,新しい感性や美意識について考えるきっかけとなる展覧会をめざしています.

今年度は,「オープン・スペース 2019 別の見方で(Alternative Views)」と題し,世界をとらえる別の視点がこれまでも私たちの考え方を更新してきたように,世界を,あるいは技術を,別のやり方でとらえ返すことや,メディアを通じた別のものの見方を提示することをテーマにしています.

会期中には,アーティストや有識者を招いたトーク,レクチャー,シンポジウム,ワークショップ,作品解説ツアーを開催するなど,さまざまなプログラムを用意しています.そのほか,文化機関やNTTの研究所との連携などを通じて,国内外のさまざまなゲストを招いた催しを行なう予定です.

オープン・スペースとは,2006年より開始された,ギャラリーでの年度ごとに展示内容を変える展覧会,ミニ・シアター,映像アーカイヴ「HIVE」などを入場無料で公開するものです.ICCの活動理念にもとづき,より多くの方々に先進的な技術を用いた芸術表現とコミュニケーション文化の可能性を提示する開かれた場として機能することをめざしています.

出品作家および作品例

後藤映則《Rediscovery of Anima》2018年

本作品はある時間の中の動きとその変化を立体的に可視化する作品です.1878年にイギリス人のマイブリッジが考案した,走る馬の脚など,運動中の状態を連続した写真で記録する方法から着想を得て作られました.スリット状の光源を移動させることで,一連の時間の断面を切り出し,彫刻的な造形からアニメーションが浮かび上がる仕組みは体験者に驚きをあたえます.

JODI《OXO》2018年

コンピュータ・ゲームとしては最初期の例のひとつであり,日本では「マルバツゲーム」「三目並べ」として知られるゲームをモチーフにした作品です.ソフトウェアやインターネットを芸術表現として扱う先駆的な二人組アーティストであるJODIは,このゲームを現在に続くコンピューティング,戦争ゲーム,人工知能などの歴史の出発点となった重要な文化的遺産と考えました.9つのディスプレイでは,「人間対AI」「人間対コンピュータ」「人間対人間」などそれぞれ異なる組み合わせの対戦を見ることができ,人間がプレイヤーになっている画面では鑑賞者がゲームに参加することができます.

真鍋大度+坂本洋一+石井達哉《Light Field Theater》2018年

現実の光と,より肉眼で見た時の感覚に近い映像を生成するライトフィールド技術によって再構成された光を用いた,光のパフォーマンス作品です. 肉眼で見るものすべては現実なのか,そして現実とは何かということを問う作品でもあります.
機材協力:株式会社アスカネット
制作協力:株式会社ライゾマティクス

三上晴子《Eye-Tracking Informatics》2011/19年

体験者の視線を視線入力装置によって感知し,仮想の3次元空間内に視線のデータによるイメージを生成する作品です.日本のメディア・アートを代表するアーティスト 三上晴子により1996年に制作された《Molecular Informatics》をリメイクする形で2011年に発表された《Eye-Tracking Informatics》を元に,2015年の三上の死去後,山口情報芸術センター [YCAM]がアップデートと修復を行なった最新版を展示します.

シンスンベク・キムヨンフン《Nonfacial Portrait》2018年

ソウルで活動する二人組,シンスンベク・キムヨンフンによる,人工知能に顔として認識されない肖像画を描くプロジェクトです.一般的な肖像画を描けば,人工知能は即座にそれを顔として認識しますが,顔が認識されないように描かれたその絵は,実際の対象から離れて,どこか抽象画のようになっていきます.複数の画家たちが人工知能から認識されないように描いた肖像画と,その制作過程が記録された映像を一組にして展示します.

そのほかの出品作家

青柳菜摘/岩井俊雄/梅田宏明/岡ともみ/グレゴリー・バーサミアン/細井美裕/ローサ・メンクマン


連携プロジェクト展示:リサーチ・コンプレックス NTT R&D @ICC

「リサーチ・コンプレックス NTT R&D @ICC」は,2017年度の「オープン・スペース 2017 未来の再創造」展から開始された,NTTの研究所の先端的な取り組みをICCの展示活動の中で紹介し,未来の人間および社会に関するコンセプトを提案する場です.
オリンピック・パラリンピックを目前にした今年度は,新しいスポーツ鑑賞体験やエンタテイメント体験,コミュニケーションの体験を,触覚通信をはじめとする新たな通信技術によって実現するといった実験的な試みを行なう予定です.

展示作品例
NTTコミュニケーション科学基礎研究所「触れてつながるラボ」2019年

触れてつながることで生み出される人と人の関係性や,身体と社会を結ぶ触覚関連技術,触覚通信コミュニケーションの実験的な展示を行ないます.展示は,テーマを一定期間ごとに入れ替え,展開していく予定です.期間中には音声や映像に加え,振動を伝送することで遠隔地とのコミュニケーションの幅を広げます.


新進アーティスト紹介コーナー「エマージェンシーズ!」 emergencies!

「エマージェンシーズ!」は,今後期待される新進アーティストやクリエイターの最新の作品やプロジェクトなどを紹介するコーナーです.(年間3回展示予定)

エマージェンシーズ!037 尾焼津早織

展示期間:2019年5月18日(土)—8月3日(土)

エマージェンシーズ!038 玉木晶子

展示期間:2019年9月3日(火)—11月17日(日)(予定)

エマージェンシーズ!039 上村洋一

展示期間:2019年12月10日(火)—2020年3月1日(日)(予定)


HIVE

ICCの映像アーカイヴ「HIVE」(ハイヴ)では,ICCの所蔵するヴィデオ・アート作品,アーティスト,科学者,批評家などのインタヴュー映像,1997年の開館以後開催されてきたICCの数多くの活動の映像記録をデジタル化し,コンピュータ端末から視聴することができます.また,上記のコンテンツのうち一部はHIVEのウェブサイト (https://hive.ntticc.or.jp/)からも視聴可能です.ウェブ版の映像には原則としてクリエイティブ・コモンズ・ライセンスが付与され,非営利目的での創造的利用を可能にすることで,文化資源としてのICCの活動記録をよりオープンなかたちで社会に開示することをめざしています.

「オープン・スペース 2019 別の見方で」展関連イヴェント

会期中にはアーティストや有識者を招いたトーク,レクチャー,シンポジウム,ワークショップを開催するなど,さまざまなプログラムを用意しています.

ギャラリーツアー

ICC学芸スタッフが展示作品について解説します.毎月1回開催を予定しています.
定員:各回20名(事前予約不要)

* その他関連イヴェントについて,詳しくはホームページなどで最新の情報をお知らせいたします.

お問い合わせ

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

広報担当:赤坂恵美子
TEL:03-5353-0800 FAX:03-5353-0900
E-mail:query@ntticc.or.jp
URL:https://www.ntticc.or.jp/

プレスリリースをみる