本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

エマージェンシーズ!037
尾焼津早織 「ハイパーフレーミング・コミック」

2019年5月18日(土)—8月3日(土)

エマージェンシーズ!037
尾焼津早織 「ハイパーフレーミング・コミック」

概要

マンガのコマは通常ページというフレームにある秩序によって配置されており,読者がそれに従ってコマを順番に読んでいくことでマンガが進行していきます.それゆえ,ときにコマの区切りを突き破ったり,乗りこえたり,といった逸脱が表現として行なわれます.さらに近年では,ウェブブラウザやデジタル・デヴァイスで読まれることを前提とした,従来の「コマ割り」の概念を拡張するようなさまざまな手法が試みられています.

「ハイパーフレーミング・コミック」は,尾焼津早織によるマンガを元にした映像作品で,そのような環境で生まれた新たな表現手法です.尾焼津による造語である「ハイパーフレーミング」とは,ページというフレームに囚われない自由なコマ構成が施された静止画のマンガをズームやパンニングといったカメラワークで読ませる手法です.鑑賞者がストーリーの展開とともに全体のコマ構成を想像しながら作品に没入させることをねらいとして,新作を含むシリーズ全3作品には全て異なる手法が試みられ,新たなマンガ体験の可能性を模索しています.

《宇宙人、ひとり。》では,内側から外側に向かって展開するコマ構成とズームアウトのカメラワークを組み合わせて時間の蓄積や記憶の儚さを表現し,《メリー・ゴー・ラウンド》では,円環状のコマ構成で,同じ出来事を繰り返し続けるループ世界を表現,新作《星の便り》は,異なるシーンで同じセリフを共有したコマ構成によって,噂話が少しずつ変容しながら語り継がれるさまを表現しています.

展示作品

参加アーティスト

展示 & イヴェントをみる