本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

オープン・サロン「オープン・スペース 2012」出品作家によるイヴェント
ギャラリー・トーク 久保田晃弘

2013年3月3日(日)午後4時より

オープン・サロン「オープン・スペース 2012」出品作家によるイヴェント
ギャラリー・トーク 久保田晃弘

概要

日時:2013年3月3日(日)午後4時より
会場:ICC 4階 ロビー

主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

参加アーティスト

久保田晃弘

1960年大阪生まれ.アーティスト/研究者.多摩美術大学情報デザイン学科情報芸術コース教授.東京大学大学院工学系研究科船舶工学専攻博士課程修了,工学博士.数値流体力学,人工物工学(設計科学)に関する研究を経て,1998年から現職.現在は,衛星芸術(artsat.jp),バイオアート(bioart.jp),デジタル・ファブリケーション(FabLab Japan),ソーシャル・マテリアル,自作楽器によるサウンド・パフォーマンスなど,さまざまな領域を横断・結合するハイブリッドな創作の世界を開拓中.著書に,『消えゆくコンピュータ』(岩波書店,1999),『ポスト・テクノ(ロジー)ミュージック』(大村書店,監修,2001),『創造性の宇宙―創世記から情報空間へ』(工作舎,共著,2008),『Beyond Interaction―メディアアートのためのopenFrameworksプログラミング入門』(BNN新社、共著、2010),『FORM+CODE―デザイン/アート/建築における、かたちとコード』(BNN新社,監訳,2011)などがある.

展示 & イヴェントをみる