本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

《思い過ごすものたち》 [2013/2014] “objects thinking too much”

谷口暁彦

《思い過ごすものたち》

作品解説

《思い過ごすものたち》は,日用品と,iPadやiPhoneなどを組み合わせた彫刻作品の連作です.作者は,iPadやiPhoneも日用品のひとつとして扱い,端末にあらかじめインストールされた標準のアプリケーションのみを使用しています.展示室では,扇風機の風に揺れるiPadに風にたなびくティッシュペーパーの映像が流れていたり,裏面に磁石が置かれたiPadのディスプレイ上で地図の向きが回転していたり,ときおり表面に水が流れてくるiPadのメモ帳に文字が入力されたりしています.ここでは,現実世界とディスプレイ上の「出来事」との間の関係が意図的に曖昧にされた状況が提示されています.

スマートフォンやタブレット端末は,この作品にも使われているヴィデオチャットに代表されるように,「いま,ここ」ではない世界を見るための窓として捉えることができます.一方で,iPadのカメラレンズを通して屋外の様子を見たり,地図アプリによって現在地を把握するように,これらの端末は私たちが「いま,ここ」にいるという感覚を強化するものとしても機能します.そういった意味で,現実とディスプレイ上の出来事との関係は,それほど自明ではないのかもしれません.この作品群を見てそれぞれの構成要素がどのような関係に置かれているのかをときほぐし,推理していると,自分と身の回りのものとの関係にも思いをはせられるのではないでしょうか.

アーティスト

展示情報

作品一覧