本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

《「オバケの」第10話——アニメ物族室C》 [2024] “‘Obake no’ Episode 10: Animae Room C”

米澤柊

作品解説

アニメーションを表現手段として制作する米澤は,アニメーションにおいて「オバケ」と呼ばれる,早い動きなどを表現するための残像表現技法に着目し,作品を制作してきました.今回の作品は,米澤が展開してきたシリーズ,『オバケの』の新作になります.作品中のキャラクターたちは,その姿を見ることができない,まだ見ぬ新しいキャラクターを探しています.そこには新キャラクターの「オバケ」や,「声」としてのいろいろな音,不在や沈黙といった気配,痕跡をたよりに,展示空間に拡張されたキャラクター未満としてのアニマ(生)の存在を感じることができます.


サウンド:長谷川白紙

アーティスト

展示情報

作品一覧