本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

エマージェンシーズ!035
藤倉麻子《群生地放送》

2018年9月4日(火)—11月4日(日)

エマージェンシーズ!035
藤倉麻子《群生地放送》

概要

3DCGによって描き出された都市の風景の中で,高速道路,街灯,変電所,トイレなど,さまざまな人工物たちが,都市においてそれぞれの機能を果たすために抑制されていた,自身の欲望にしたがって非機能的な自律運動を始めます.

藤倉麻子は《群生地放送》において,近代都市における原始的な呪術性を見出し,3DCGによる人工的なテクスチャと触覚性を持った,人間が排除された風景によって,都市に潜在するリアリティを表現し,人工物が野生になり人間を除外していく都市の姿を描き出します.

作者の制御を超える動きを生み出してしまう可能性を持った3DCGによるアニメーションは,都市が設計者である人間の想定を裏切って,都市自体の欲望によって駆動していく様子を想像させます.

展示作品

参加アーティスト

展示 & イヴェントをみる