本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

連携プロジェクト「アジアのメディア・コンシャス」
ライフパッチ「ルマ(家)とハラマン(庭)」

2016年11月1日 - 2017年3月12日

連携プロジェクト「アジアのメディア・コンシャス」
ライフパッチ「ルマ(家)とハラマン(庭)」

概要

国際交流基金アジアセンターとICCの連携企画として,日本とアジア諸国の現代の芸術表現におけるメディア・テクノロジーの役割,活用法などをテーマとした展示を行ないます.今回は,「ルマ(家)とハラマン(庭)」と題し,インドネシア,ジョグジャカルタを拠点に活動するライフパッチを紹介します.

ライフパッチは,2012年にジョグジャカルタで結成された,科学者,プログラマー,デザイナー,アーティスト,プロダクション・マネージャー,キュレーターといった多様なメンバーで構成されるアーティスト・コレクティヴです.デジタル・テクノロジーを駆使して,社会における問題提起としての実践的芸術表現や,次世代の育成といった様々なプロジェクトを自主的に立ちあげるなどの活動を行ない,2014年には,アルス・エレクトロニカ デジタル・コミュニティーズ部門にてオノラリー・メンションを受賞しました.インターネットや,オープンソース・ハードウェアの普及といった,テクノロジーの民主化の流れを受けながら,インドネシアのコミュニティ文化に根ざした,DIWO(Do It With Others=みんなでやろう)の精神によるユニークな活動を展開しています.

会期は「ルマ」「ハラマン」の二期に分かれており,それぞれの会期中にメンバーがICCを訪れ,展示やワークショップ,シンポジウムなどを行ないます.


第一期:「ルマ(家):プライヴェートな空間を使用した集団的実践」
会期:2016年11月1日(火)—12月28日(水)
参加メンバー:ティンビル・ブディアルト,アグン・ゲゲール,ウィスヌ・ワゥイース

第二期:「ハラマン(庭):集団活動と戦略」
会期:2017年1月5日(木)—3月12日(日)
参加メンバー:アンドレアス・シアギャン,アダリ・ドノラ,ドリー・フサダ

共催:国際交流基金アジアセンター

参加アーティスト

展示 & イヴェントをみる