本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

文化庁メディア芸術祭20周年企画展—変える力
企画展示「New Style New Artist—アーティストたちの新たな流儀」

2016年10月15日 - 2016年11月6日

文化庁メディア芸術祭20周年企画展—変える力
企画展示「New Style New Artist—アーティストたちの新たな流儀」

概要

文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会は「文化庁メディア芸術祭20周年企画展―変える力」を2016年10月15日(土)から11月6日(日)までの23日間,東京・千代田区のアーツ千代田 3331を中心に開催します.今年,メディア芸術祭の20周年を記念して開催する本展では,「変化」をキーワードに,過去に審査委員を務めた4人の監修者によって選ばれた,歴代の受賞・審査委員会推薦作品の展示や上映等を行ない,変容し続けるメディア芸術の多様な表現を紹介します.

その企画展示のひとつとして,サテライト会場であるNTTインターコミュニケーション・センター [ICC]では,「New Style New Artist—アーティストたちの新たな流儀」を開催します.近年のメディア・アーティストたちの活動スタイルは,新たな方法論を確立していることが見て取れます.アート,デザイン,エンターテインメントを自由に横断し,時にはクライアントワークを,時にはアート領域での表現活動をしています.また,個人ではなく,仲間たちとプロダクションを設立し活動しているのも特徴です.このような活動の広がりを持つ,アーティストたちの登場は,メディア芸術祭がスタートした1990年代後半から顕著になってきました.本展では,そうした作り手たちを「新たな表現の流儀」を持つアーティストとして捉え,その作品群をピックアップして紹介します.


会期:2016年10月15日(土)—11月6日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA
開館時間:午前11時—午後6時
休館日:月曜日
入場無料

展示監修:関口 敦仁(美術家/愛知県立芸術大学教授/元文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員)

主催:文化庁メディア芸術祭20周年企画展実行委員会
協力:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
広報協力:1UP情報局,2k540 AKI-OKA ARTISAN,Akiba TMO,Akiba.TV,ANA EXPERIENCE JAPAN,BEACON AKIBA,BEACON KYOTO,J-WAVE,TOKYO FM,アキバ・トリム,アトレ秋葉原1,マーチエキュート神田万世橋,秋葉原案内所
企画・運営:CG-ARTS(公益財団法人画像情報教育振興協会)

出展者および展示作品

WOW

本作品のVR版は,お一人ずつの体験のため,整理券発行による予約制でご案内します.

Takram「Scenes Unseen」

「Scenes Unseen」はTakramが2016年9月にロンドンで行なった展示.展示自体を実験室と見立て,10個の新作を制作・公開しました.今回はその中から7作品を抜粋.プロダクト・デザインやビッグ・データのように非常にプラクティカルなプロジェクトから,異言語コミュニケーションにまつわるスペキュラティヴなプロジェクトまで,ソフトウェアとハードウェアを越境して作り上げられた作品群です.

参加アーティスト

関連情報

問い合わせ先

文化庁メディア芸術祭20周年企画展インフォメーション 
Tel:03-5459-4668(受付時間:午前9時—午後8時)

文化庁メディア芸術祭

総合ウェブサイト http://j-mediaarts.jp
20周年企画展ウェブサイト http://20anniv.j-mediaarts.jp
Facebook http://www.facebook.com/JapanMediaArtsFestival
Twitter @JMediaArtsFes

展示 & イヴェントをみる