本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

オープン・サロン「オープン・スペース 2011」出品作家によるイヴェント
アーティスト・トーク 津田道子

2012年2月18日(土)午後3時より

オープン・サロン「オープン・スペース 2011」出品作家によるイヴェント
アーティスト・トーク 津田道子

概要

新進アーティスト紹介コーナー「エマージェンシーズ!018」にて,作品を展示中の津田道子によるアーティスト・トークを開催します.これまでの作品や活動を振り返りながら,創作の原点や発想の源泉などをお話しいただきます.また,今回,ゲストに美術批評の粟田大輔氏をお迎えし,鏡,装置,システムという観点からお話をうかがいます.

ゲスト:粟田大輔(美術批評)
司会:植田憲司(ICC)


日時:2012年2月18日(土)午後3時より
会場:ICC 4階 特設会場
定員:150名(当日先着順)
入場無料

主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

出品作品

参加アーティスト

津田道子

1980年生まれ.映像作家.映像の特性にもとづいた制作を主軸に置き,パフォーマーとの共同作業などを通した作品づくりを行なっている.ヨコハマ国際映像祭2009,六甲ミーツ・アート芸術散歩2010などに参加.国際芸術センター青森をはじめ,HONF(インドネシア),Space Bandee(韓国)などのアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加し,2012年1月より秋吉台国際芸術村に滞在し,作品制作を行なう.現在,東京藝術大学大学院映像研究科博士後期課程在籍.


粟田大輔

1977年生まれ.美術批評.2011年に立ち上げたアート専門のインターネット放送局「comos-tv」の運営メンバー.論考に「榎倉康二における出来事性と層の構成」,「書き換えられるシステム」などがある.主な展覧会企画に「vivid material」(2008年),「data and vision」(2010年).

展示 & イヴェントをみる