本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

プレスリリース


戻る

2020年12月15日

多層世界の中のもうひとつのミュージアム——ハイパーICCへようこそ

オンライン展示概要

開催期間:2021年1月16日(土)—3月31日(水)
会場:https://hyper.ntticc.or.jp/
2021年1月16日(土)より公開します.
体験料:無料
主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] (東日本電信電話株式会社)

リアル展示概要

開催期間:2021年1月23日(土)—3月14日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]  ギャラリーA
開館時間:午前11時—午後6時
入場料:無料(事前予約制・当日入場は事前予約者優先)
予約方法詳細は,後日ICCウェブサイトにてお知らせいたします.
休館日:月曜日,保守点検日(2月14日(日))
休館日以外においても,開館時間の変更および臨時休館の可能性がございます.
主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] (東日本電信電話株式会社)

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
住所:〒163-1404 東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー4階
アクセス:京王新線初台駅東口から徒歩2分
お問い合わせ:0120-144199(フリーダイヤル)
E-mail:query@ntticc.or.jp
URL:https://www.ntticc.or.jp/

出品作家(五十音順)

アグネス吉井

尾焼津早織

谷口暁彦

原田郁

藤倉麻子

山内祥太

山本悠と時里充


共同キュレーション:谷口暁彦,時里充

ヴァーチュアル初台,ハイパーICC 監修:豊田啓介(noiz)

ヴァーチュアル初台,ハイパーICC 制作:noiz,中村将達

3Dデータ計測,制作:gluon

ウェブサイト制作:ユニバ株式会社(UNIBA INC.)

展覧会概要

実空間と情報空間の層(レイヤー)の中に建つ,
仮想空間の中のもうひとつのICC

近年「ミラーワールド」「デジタルツイン」「コモングラウンド」などの概念がさまざまなシーンで取り上げられるようになっています.これらの言葉はどれも,通信やコンピュータ処理の高速化などを背景に,実空間と対応関係をもつ,高精度なシミュレーションなどにも活用可能なデジタル情報空間が実現化しつつあることを象徴しています.さらに2020年に起こった新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は,物理的移動に大きな制限をかけました.その結果,デジタル情報空間への注目度があらためて高まっているといえるでしょう.

この新型コロナウイルス禍において,多くの美術館が展覧会を中止または予定を延期しました.そして,中止になってしまった展覧会や,始まったものの観客を迎えることができない展覧会を,オンライン上で公開する試みが始まりました.さらに,アーティストによるオンラインでの展示がさまざまに試行されました.そうした社会変動を経験した私たちには,これまでとは異なる新しい展覧会の活動モデルを想定していくことが必要とされているのではないでしょうか.

今回ICCでは,メディア・テクノロジーを駆使し,これまでもネットワーク上での作品公開などを展開してきたメディア・アートの手法によって,新しい展覧会のあり方を示唆するヴィジョンとその可能性を探る試みを行ないます.

[仮想世界:ヴァーチュアル初台からハイパーICCへ]

PC用のアプリケーションとして提供します.

ヴァーチュアル初台
東京オペラシティ街区の一部をレーザースキャンした点群データを元に構成されており,ヴァーチュアル初台の中を自由に動きまわることができます.

ハイパーICC
ハイパーICCは,ヴァーチュアル初台の中に建ち上がる,いわば「情報の建築」です.建築物の要素となる直方体は,主に過去にICCが行なってきた活動(展覧会やイヴェントなど)を表わしており,ユーザーが開催時期やイヴェントの種類を選択すると,その外観は動的に変化します.

ハイパーICC内部
レーザースキャンによる点群データを元にした,現実のICCの内部空間をそのまま反映した空間を基盤としながら,同じ展示室が複数存在するなど,現実における物理的制約から離れた展開も予定しています.

[リアル会場]


リアルでも展覧会を開催.オンライン会場における展示と相互に補完しあう関係をもつことをめざします.


現実の会場とヴァーチュアルな会場との連携

ハイパーICC内のヴァーチュアルな会場のギャラリーAと現実の会場のギャラリーAを連携させた情報空間を作ります.オンラインからアクセスして体験できる作品が,現実の展示空間にあらわれ,ARで実際の展示では見えない要素が追加されたり,さらに現実空間からオンラインへ情報を送ってみたり.作品とそのデータがいろいろな形態でアウトプットされる多層的な展示形式は,現実の補完としてのヴァーチュアル展覧会のアイデアとは異なるものとなります.

実際にデータをアウトプットして自分で組み立ててみたり,パフォーマーが展示会場にあらわれたり,リアルとヴァーチュアルが共存し,情報が行き来する,それぞれが連携する展示空間を創出します.

多層的な体験方法

ウェブブラウザ
使用デヴァイス:ウェブブラウザのインストールされた端末(PC,スマートフォン,タブレットなど)
ヴァーチュアル初台やハイパーICCへのポータルとなるウェブサイト.展示内容のアーカイヴとしての機能ももち,後述のアプリケーションで体験できる内容などもツアー形式で巡ることができます.

アプリケーション(PC用)
使用デヴァイス:PC
ヴァーチュアル初台の中を自由に動きまわったり,ハイパーICCの外観を変えたり,一番自由度の高い操作を体験することができます.

AR
スマートフォン,タブレットにインストールしたARアプリから,現実空間の展示物にスマートフォン,タブレットをかざして体験.現実世界と情報の世界を重ね合わせた状態を見ることができます.

ペーパークラフト,3Dプリントデータ
場所にとらわれない,ポータブルな鑑賞体験としてペーパークラフトや3Dプリント形式の作品も公開します.アーティストが制作したペーパークラフトなどのデータをウェブページからダウンロードし,印刷して組み立てることで作品が完成します.自分で組み立てることや,自宅で手軽に作品を飾ることができる面白さもあり,子供から大人まで楽しめる体験が期待されます.また,ペーパークラフトを用いたアーティストによるワークショップやパフォーマンスも予定しています.

ワークショップ
ヴァーチュアルな情報レイヤーにあるデータを使って,現実のフィジカルなレイヤーで物質としてアウトプットすることを通じて,データと物質,という両方を同じように扱うことを試みます.たとえば,ヴァーチュアルなデジタルによる風景を実際に絵に描き,それをデータ化してヴァーチュアルな会場に展示するなど,私たち多層世界的な世界を体験するワークショップを開催予定です.
また,ヴァーチュアル会場を解説するギャラリーツアー,ヴァーチュアルとリアルをつないで行なう工作などを予定しています.

新型コロナウイルス感染症対策

ICCでは,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため,ご来館される全てのお客さまならびにスタッフの健康と安全を考慮し,以下の対応のご協力をお願い申し上げます.

下記に該当する方は,ご入館をお断りさせていただきます.

・37.5度以上の発熱症状がある方.(入館時にサーモカメラおよび,非接触型体温計での体温計測を実施します.)
・過去2週間以内に,感染拡大地域や国への渡航をされた方.
・発熱,咳,鼻水,倦怠感の症状が続くなど,体調不良の方.
・マスクを着用されていない方.


最新情報はICCウェブサイト(https://www.ntticc.or.jp/)などでお知らせします.

広報に関するお問い合わせ

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

企画担当:畠中実,指吸保子 広報担当:赤坂恵美子

TEL:03-5353-0800 FAX:03-5353-0900
E-mail:query@ntticc.or.jp
URL:https://www.ntticc.or.jp/

プレスリリースをみる