本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

エマージェンシーズ! 022
時里充「視点ユニット」

2014年6月21日 - 2014年8月31日

エマージェンシーズ! 022
時里充「視点ユニット」

概要

通常わたしたちが映像を見るとき,それを撮影したカメラ自身がどのような状況にあるか,見ている映像からだけではとらえることができません.これらの作品では,カメラに角度計やメジャーといった測定器,計量器を固定した撮影器具を作って撮影されています.それによって,計測器自身はほとんど動かず,撮影することのできなかったカメラ自身の状況を,ただ数値としてだけ映像に表示することができるようになります.

ひとつは,滑車のついた箱を,天井からぶらさがった縄を引っぱり持ち上げると箱が傾き,箱の反対側にある角度計だけが映されたディスプレイに,箱の傾きに伴って角度計の針が変化する様子が映し出されます.

もうひとつは,レールの上に乗った箱を押したり引いたりして動かすと,メジャーの数値だけが映されたディスプレイに,その動きに連動して画面のメジャーの数値の部分が伸びたり縮んだりする様子が映し出されます.

これらの作品は,装置自体はブラックボックスであるために,映像として数値だけが表示され,物理的な動きと,表示される数値との間の因果関係を示しています.また,実作のための実験として制作された,映像に映る物をカメラがとらえたまま計測するもの,見えない部分の情報を数値として測定するものの二つのパターンの映像を展示しています.

展示作品

参加アーティスト

時里充

1990年兵庫県生まれ.2010年岐阜県立国際情報科学芸術アカデミー,2012年多摩美術大学卒業.カメラや画面に関する実験と観察を行ない,それを元に作品を制作している.主な展覧会に,「照準と流出」(2012 土居下太意との二人展),「Extended Senses 3rd」(ソウル,2012),「いま、映像でしゃべること?」(2013)など.

展示 & イヴェントをみる