本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

《Hyperthermia——温熱療法》 [2019] “Hyperthermia”

上村洋一

《Hyperthermia——温熱療法》

作品解説

《Hyperthermia——温熱療法》では,変わりゆく地球の姿と対峙した上村の経験を感覚的に共有し,私たちが生きる地球環境のエコロジーとその未来を想像させます.展示は上村が世界各地の海でフィールド・レコーディングした音や「流氷鳴り」を人間の呼吸で再現した音からなるサウンドスケープと,流氷とも大地とも言えるようなパラフィン製の白い物体が沈む水槽で構成されます.パラフィンは,石油由来の物質で温熱療法にも使われます.上村はこの物質を,発熱によって温暖化する世界と温熱によって治癒される身体を両義的に示唆するものとして注目しました.展示期間中に,ICC内のシアターにて関連プロジェクト「0℃」の上演を行なう予定です.

協力:北海道大学 CoSTEP

アーティスト

展示情報

関連情報

作品一覧