本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

スタジオ・アッズーロ Studio Azzurro

スタジオ・アッズーロ

プロフィール

1982年にカメラマン出身のファビオ・チリフィーノ,映画制作のパオロ・ローザ,グラフィック,アニメーション出身のレオナルド・サンジョルジによってミラノで結成,活動を始める.マルチモニターを使用した環境的なヴィデオ・インスタレーション作品を制作.1980年代を通じて舞台や,演劇集団とのコラボレーションなどを多角的に展開.1994年の作品《ターボーリ》よりモニターの使用をやめ,プロジェクターを使用したインタラクティヴ作品を制作する.1995年にはインタラクティヴ・システム担当のステファノ・ロヴェーダが参加.以後「インタラクティヴ=双方向性」をキーワードとした作品を展開している.1998年にはインタラクティヴ作品4点を集めた展覧会を新津市美術館で開催,99年には「ICCビエンナーレ ’99」に出品.

[2001]

作品

展示 & イヴェント