本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

藤村龍至 FUJIMURA Ryuji

藤村龍至

プロフィール

1976年生まれ.2008年東京工業大学大学院博士課程単位取得退学.2005年より藤村龍至建築設計事務所主宰.2010年より東洋大学専任講師.2007年よりフリーペーパー『 ROUNDABOUT JOURNAL』企画・制作・発行. 2010年よりウェブマガジン『ART and ARCHITECTURE REVIEW』企画・制作.
主な建築作品に《BUILDNG K》(2008),《東京郊外の家》(2009),《倉庫の家》(2011),《小屋の家》(2011),《家の家》(2012).主なアート作品に《リトル・フクシマ》(堂島ビエンナーレ,2011),《あいちプロジェクト》(国際芸術祭あいちトリエンナーレ,2013).主な編著書に『1995年以後』(2009),『アーキテクト 2.0』(2011),『3・11後の建築と社会デザイン』(2011),『コミュニケーションのアーキテクチャを設計する』(2012),『リアル・アノニマスデザイン』(2012).主なキュレーションに「超都市からの建築家たち」(hiromiyoshii,2010),「CITY2.0」(EYE OF GYRE,2010),「超群島 -ライト・オブ・サイレンス」(青森県立美術館,2012),「公共建築から考えるソーシャルデザイン・鶴ヶ島プロジェクト 2012」(渋谷ヒカリエ,2012),「公共建築から考えるアーバンデザインの実験・大宮東口プロジェクト 2013」(大宮中央デパート,東京藝術大学美術館陳列館,2013).

[2013]

展示 & イヴェント