本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

Goh UOZUMI
《New Order / Siren Call?》,《空の国家—State of Empty》

2016年5月28日 - 2016年9月25日

Goh UOZUMI
《New Order / Siren Call?》,《空の国家—State of Empty》

概要

この展示および作品は,トラストレス(Trustless)というコンセプトにもとづいて制作されています.それは,ピアツーピア・ネットワーク上で通貨の発行や取引が行なわれる,中央銀行のような中央機関が存在しない,ビットコインなどの暗号通貨のメカニズムをモチーフにしたものです.それは,複製や擬装などの,偽の情報が伝達される可能性があるという問題を,分散型ネットワークの各参加者の関与による合意形成技術により解決することで成立しています.この作品では,暗号通貨が国家不在の貨幣を成立させたこと,またそれを成立させているメカニズムが,新しい統治の可能性を示唆していることに着目し,それが現代の社会において,どのような意味を持つのかを考察しています.

展示は二期に分かれており,前半は暗号通貨(Cryptocurrency)の存在や仕組みを知覚する作品.後半は,暗号通貨のメカニズムに人工知能の機械学習を組み合わせて,仮想国家のシミュレーションを試み,そこから現代の問題をとらえようとしています.

協力:アンスティテュ・フランセ東京
*展示期間中に展示替えを行ないます.


展示期間:2016年5月28日(土)—9月25日(日)

展示作品

展示期間:2016年5月28日(土)—8月28日(日)

展示期間:2016年8月30日(火)—9月25日(日)

参加アーティスト

Goh UOZUMI

アーティスト.アルゴリズミックな作品を制作し,ネットワーク時代における創造性の再考やリアリティの拡張を試みている.2009年より,計算システムの生命的性質に着目し,脱中心化された分散ネットワークや自律システムがつくる新しい自然の可能性を考察してきた.その成果として,2012年に山口情報芸術センター [YCAM](山口)にて展示された《OBSERVER N》(2009-)や,平成21年度[第13回]メディア芸術祭受賞作品展(国立新美術館,東京,2010)で展示された《F - void sample》(2009-)などがある.2015年,《Trustless Trust / Mk.God》でデジタル・ショック賞を受賞し,フランス,マルセイユで滞在制作を行なった.

展示 & イヴェントをみる