本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

《大きな耳をもったキツネ》 [2013] “Otocyon megalotis”

evala+鈴木昭男

《大きな耳をもったキツネ》

作品解説

[See by your ears]は,完全暗転した暗闇の中で,音の粒が飛び跳ね,うねり,「耳で視る」というまったく新しい聴覚体験をもたらすサウンド・プロジェクトです.

《大きな耳をもったキツネ》は,複雑な音響プログラムによって作曲された,4つの作品からなる立体音響サウンド・インスタレーション・シリーズです.サウンド・アーティスト鈴木昭男の制作した自作楽器による演奏と,京都府京丹後市にある鈴木の作品《ひなたぼっこの空間》と《点音(おとだて)》などの屋外のリスニング・スポットをevalaが特殊な立体音響マイクロフォンによって録音された音源を素材にしています.その音響的変化を伴う音の運動を再構成して作曲することで,楽器が巨大化したり,耳が水であふれたりといった神秘的な感覚を生み出し,音がまるで生き物のように変化し続ける「音のアーキテクチャ」を作り出しています.
また,今回制作された新作《Our Muse》では,特殊マイクロフォンとスマートフォンによって録音されたevalaのプライヴェートな音を素材に,まるで時空が変容するような高次元的音体験を構築します.

音響によるイマジナリーな空間のコンポジションが音の気配を生じ,体験者にさまざまなイメージを喚起させます.それは,知覚を拡張する新たなヴァーチュアル・リアリティ体験ともいえるでしょう.

1名ずつの10分以内の体験で,来場者は数曲の中から任意の曲をひとつだけ選択できます.


機材協力:株式会社アコースティックフィールド

アーティスト

展示情報

関連情報

この作品は,音の反響のない,完全に密閉された空間で体験するものです.そのため,年齢やお身体の具合によってはご体験いただけない場合があります.

また,原則お一人様ずつでの体験のため,一日にご案内できる人数には制限があります.会場では整理券発行による予約制で順次ご案内していますが,ご来場の時間によっては,ご体験いただけない場合があります.

以上の点をあらかじめご了承いただけますようお願いいたします.
詳細は,フリーダイヤル(0120-144199)までお問い合わせください.

作品一覧