本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

上田信行 UEDA Nobuyuki

上田信行

プロフィール

甲南女子大学文学部人間関係学科教授

略歴

1950年奈良県生まれ.
同志社大学卒業後,セントラルミシガン大学大学院,
ハーバード大学教育学大学院で学ぶ.
ハーバード大学教育学博士(ED.D.).
帝塚山学院大学専任講師を経て,現職.

専門は教育工学.学習環境デザインとメディア教育についての実践的研究を行っている.そのための実験的アトリエとして奈良県吉野川のほとりにneoMuseumをつくり,'90年以来,現在まで50近くの実験的ワークショプを実施した.
'96年から1年間,ハーバード大学教育学大学院客員研究員として,「表現とテクノロジー」「インターネットと学習環境デザイン」についての研究を行う.
現在,神戸国際マルチメディア文化都市(KIMEC)構想推進委員会委員.

論文:
「Japanese Children's Personal Theories of Intelligence: A Developmental Study」
「A New Learning Environment:The neoMuseum/Children's Media Museum Prototype」
「学習環境のデザイン」などがある.

[2003]

展示 & イヴェント

ワークショップ+シンポジウム「学びのテクノロジーとデザイン ―リアルタイム・ドキュメンテーション」
シンポジウム「学びのテクノロジーとデザイン」

ワークショップ+シンポジウム「学びのテクノロジーとデザイン ―リアルタイム・ドキュメンテーション」
ワークショップ「Imagine・Express・Share」+ワークショップ・オン・ワークショップ

「ICC Workshop on Workshop」

岩井俊雄キッド「赤青アニメでキャラクターを動かそう」

「ふでばこてんらん会」

Workshop on Workshop「ワークショップの意味と仕組みを伝えるワークショップ」

コミュニケーションの現在・2003

レクチャー第3回:学び・感覚・コミュニケーション(参加型ワークショップ形式)

ICC NEWSCHOOL ’98 第5期 “感覚とコミュニケーション”