本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

小林はくどう KOBAYASHI Hakudo

小林はくどう

プロフィール

1944年仙台生まれ.多摩美術大学美術学部絵画科卒業.1968年に「はくどうマシーン」という緑の布をかぶってユーモラスにうごめくロボットを 発表し,その後大阪万博の三井館にも展示される.1971年にはE.A.T.のメンバーとして中谷芙二子や森岡侑士とともにストックホルム,ニューヨーク,アーメダバード,東京の4都市をテレックスで結び,市民が自由に質問と返答で応答し合う「ユートピア Q&A; 1981」を実施する.カナダのヴィデオ作家マイケル・ゴールドバーグが来日した1972年に,ヴィデオによる芸術活動を目的として結成された〈ビデオひろば〉(他に,かわなかのぶひろ,中谷芙二子,宮井陸郎,萩原朔美,山口勝弘らが参加)を結成する.そのデモンストレーションを兼ねた発表会「ビデオ・コミュニケーション/DO IT YOURSELF kit」を銀座のソニービルで開催し,日本から約10作品,カナダ,アメリカから約10作品が参加した.その後は,「東京ビエンナーレ」(東京都美術 館,1974),「トーキョー・ニューヨーク・ビデオ・エキスプレス」展(天井桟敷,1974),「ジャパン・アート・フェスティバル」展(全米各地を巡回,1975-6),「現代美術の鳥瞰図」展(東京国立近代美術館,1977)に参加し,1978年から1993年まで国立市で〈ビデオひろば〉の活動を行なう.著書に『TV番組をつくろう』(リブリオ出版,1984),『市民ビデオ宣言』(玄光社,1998)など.現在は成安造形大学教授を務める.

[2005]

作品

展示 & イヴェント