本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

安斎利洋 ANZAI Toshihiro

安斎利洋

プロフィール

1956年東京生まれ。アーティスト、ソフトウェアエンジニア。主な仕事:ペイントシステム『スーパー・タブロー』(1987)、プロジェクト『連画』(1992-)、アルゴリズム作品『Ramblers』(1993)、プラネタリウム描画環境『マジック・ケプラー』(1998)、p2pペイントシステム『Interwall』(2000)、グラフ構造コラボレーション空間『カンブリアン・ガーデン』(2002)など。創作とシステムの関係に一貫した関心をもつ。

[2004]

作品

展示 & イヴェント

シンポジウム「21世紀の表現作法とはーICCワークショップでわかったこと」

百聞は一見にしかず─21世紀の新しい表現の作法を求めて

シンポジウム 5「創作のカンブリアン的爆発とエラボレーション」

ワークショップ「カンブリアン・ワークショップ」

記録と表現─アーカイヴを作る・使う

レクチャー:「新しい象形文字言語を培養するには」

ICC NEWSCHOOL ’98

テーマ「コンピュータ社会に向かっての言語の変革」

ICC公開研究会 マクルーハンプログラムテレビ会議

ワークショップ「Moppet連画」

創造と教育をつなぐネットワーク・コミュニケーション

ニュースクール’95「ネットワークでのネットワーク考」

デジタルアートは誰のもの?1

二の橋連画 - 影響のコラボレーション 〜安斎利洋と20人の連衆〜