ICC

「オープン・スペース 2015」の新進アーティスト紹介コーナー「エマージェンシーズ!」にて「Inter-Nature Communication」を展示中のAKI INOMATAによるアーティスト・トークを開催します.

ゲスト:五十嵐太郎(東北大学大学院工学研究科教授)
司会:畠中実(ICC)

日時:2015年6月13日(土)午後2時より[終了しました.]
会場:ICC 4階 特設会場
定員:150名(当日先着順)
入場無料

インターネット中継
イヴェントの模様は,Ustream にてインターネット中継されます.

出品作品

AKI INOMATA
「Inter-Nature Communication」|→詳細|

プロフィール

AKI INOMATA
1983年東京生まれ,2008年東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了.主な個展に,「HAMBURG ILLUSTRATED ENCYCLOPEDIA」(FRISE,ハンブルク,ドイツ,2015),「犬の毛を私がまとい,私の髪を犬がまとう」(HAGISO,東京,2015)など.近年参加した主なグループ展に,「第4回 デジタル・ショック——リアルのファクトリー」(アンスティチュ・フランセ東京、2015),「3331 Art Fair 2015 -Various Collectors’ Prizes-」(3331 Arts Chiyoda,東京.2015)など.

五十嵐 太郎
1967年,フランス・パリ生まれ.東京大学工学部建築学科卒業,東京大学大学院修士課程修了.博士(工学).中部大学講師,東北大学大学院助教授を経て,2009年から東北大学大学院教授.2010年からせんだいスクール・オブ・デザイン教員を兼任.あいちトリエンナーレ2013芸術監督.第11回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展日本館展示コミッショナーを務める.主な著書に,『終わりの建築/始まりの建築』(INAX出版,2001),『3.11/After』(監修・LIXIL出版,2012)など.岩波書店より刊行された『磯崎新建築論集 第4巻 〈建築〉という基体 —— デミウルゴモルフィスム 』の編集を行なう.
過去に参加した展示・イヴェント

《やどかりに「やど」をわたしてみる
-White Chapel-》
2014-15年