本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

多層世界の歩き方

2022年1月15日(土)—2月27日(日)

多層世界の歩き方

概要

本展は,2020年度企画展「多層世界の中のもうひとつのミュージアム」*1 から続く,オンラインでのコミュニケーションがより多様な形で生活に浸透した現在の情報環境をテーマにした展覧会です.

現実世界と情報世界,さらにその媒介となる「コモングラウンド」*2 を多層的な世界としてとらえ,この情報環境をどのように「歩く」ことができるのかをアート作品や情報環境状況の解説などを通じて提示します.

コロナ禍以後,ミラーワールド時代の到来,といった時代状況に影響を受けた,現実世界と情報世界の間を往き来する,これからのリアリティを表現した作品を紹介します.



会期:2022年1月15日(土)—2月27日(日)
会場:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA,ハイパーICC(https://hyper.ntticc.or.jp/
開館時間:午前11時—午後6時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日,保守点検日(2月13日[日])
入場料:一般・大学生 500円(400円)/ 高校生以下無料
    (事前予約制・当日入場は事前予約者優先)
*( )内は15名様以上の団体料金
身体障害者手帳をお持ちの方および付添1名,65歳以上の方と高校生以下は無料
予約方法詳細は,こちらよりご確認ください.
(株式会社イーティックスデータファームが運営するオンラインチケットサイト)

リアル会場 来場予約へ

* 休館日以外においても開館時間の変更および休館の場合があります.最新情報はICCのウェブサイト(https://www.ntticc.or.jp/)などでお知らせします.

オンライン会場へ


キュレーション:畠中実,指吸保子
共同キュレーション:谷口暁彦
監修:豊田啓介


コロナ禍以後,オンライン会議ツールやVRチャットなど,オンライン上でのコミュニケーションがより多様な形で生活に浸透し,メタヴァース,ミラーワールドが,オンラインゲームでのライヴ・イヴェントなど,コミュニケーションや経済活動の「場」として注目を集めています.また,ウェブサイトで開催される展覧会など,以前とは異なる作品発表が行なわれるようになり,鑑賞や体験の方法が変わりつつある状況下で,表現や作品自体もまた変化しています.

この情報環境で私たちに起きている変化が,どのようにこれからの私たちを変えていくのでしょうか.そのような現在の多層世界をどのように歩き,どのようにとらえることができるのか.この多層世界からインスパイアされた表現と,テクノロジーが実現するかもしれない未来像を重ね合わせ,この新しい世界を,多層世界の散歩者として考えてみたいと思います.


参考:ICCでは,これまでにも,「メタバース研究会」(2009–11)や「インターネット・リアリティ研究会」(2011–13)など,有識者の方々の知見をもとに情報環境についての研究会を開催してきました.

ICCメタバース・プロジェクト
https://www.ntticc.or.jp/ja/feature/2009/MetaverseProject/index_j.html

インターネット・リアリティ研究会
https://www.ntticc.or.jp/ja/feature/2012/Internet_Reality/index_j.html



*1 ^ 特別展「多層世界の中のもうひとつのミュージアム──ハイパーICCへようこそ」 
https://www.ntticc.or.jp/ja/exhibitions/2021/the-museum-in-the-multi-layered-world/

*2 ^ 「コモングラウンド」とは,現実世界(モノ)と情報世界(デジタル)がシームレスにつながる生身の人間も,ロボットやアヴァターなどの「デジタルエージェント」が共存するインフラとしての環境です.



主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC](東日本電信電話株式会社)

* 諸事情により開館時間の変更および休館の可能性がございます.最新情報はウェブサイトなどでお知らせいたします.

お問い合わせ:https://www.ntticc.or.jp/ja/about/visit/contact/inquiry/

展示作品

参加アーティスト

関連情報

割引情報

東京オペラシティ アートギャラリーとの相互割引
ICC受付にて,東京オペラシティ アートギャラリーで同時期に開催の企画展「ミケル・バルセロ」入場券をご呈示いただくと,本展に団体料金でご入場いただけます. また,東京オペラシティ アートギャラリーご入場の際に,本展入場券をご呈示いただいた場合も,団体料金でご入場いただけます(他の割引との併用不可.ご本人のみ1回限り有効).

「ミューぽん」による割引クーポン
https://www.tokyoartbeat.com/aboutApp

「ぐるっとパス」
https://www.rekibun.or.jp/grutto/index.html

「チラシミュージアム」
https://eplus.jp/sf/guide/museum

ICC 割引クーポン
こちらのクーポンをプリントアウトしてご持参いただくか,携帯端末にてご提示いただければ,展覧会に割引料金でご入場いただけます.
|→ 詳細 |(PDF)


新型コロナウイルス対策

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]では,新型コロナウイルス感染症拡大防止対策のため,お客様ならびにスタッフの健康と安全を考慮し,ご来館される全てのお客様に以下の対応のご協力をお願い申し上げます.

■ 下記に該当する方は,ご入館をお断りさせていただきます.

  • 37.5度以上の発熱症状がある方.(入館時にサーモカメラ及び,非接触型体温計での体温計測を実施します.)
  • 過去2週間以内に,感染拡大地域や国への渡航をされた方.
  • 発熱,咳,鼻水,倦怠感の症状が続くなど,体調不良の方.
  • マスクを着用されていない方.

  • 最新情報はICCのウェブサイト(https://www.ntticc.or.jp/)などでお知らせします.

展示 & イヴェントをみる