back to contents
特集/20世紀のスペクタクル空間

「スペクタクルの20世紀」年表1900-1909

イベント・事件等

clickable map

1900
●ハンバーガー発売(米/コネティカット).●クリムト,ウィーン大学のための講堂画《哲学》を第7回分離派展に出品.大スキャンダルを巻き起こす.
●エヴァンス(英),クレタ島でクノッソス宮殿の発掘(−07).
1901
●スタイン(英),第1回中央アジア探検.●ノーベル賞制定(スウェーデン).●足尾鉱毒事件で,田中正造が天皇に直訴(日).●J・ウォルター・トンプソン社が,雑誌広告の代理業務を開始.広告および消費文化の時代としての20世紀の幕開けを象徴する出来事.同年に日本でも日本電報通信社(電通)が設立されている.
1902
●シベリア鉄道開通(露).●スティーグリッツらフォト・セセッションを結成し,第1回の展覧会を行なう(米).●第12回分離派展に,クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》出品(墺).●メリエス『月世界旅行』(仏).写真を通して映画に接近したリュミエール兄弟が,主に日常的な出来事を捉えていたのに対し,舞台奇術師のメリエスは,空想的な物語の世界を映画のなかに表現した.
1903
●日本初の映画館,浅草電気館開館(日).●三浦環ら,日本で最初のオペラとして《オルフェオ》を上演.●三井呉服店にショーウインドウ設置(日).
1904
●三越呉服店(デパート)開店(日).
1905
●スティーグリッツ主宰の「ギャラリー291」が開館(ニューヨーク).諸外国の写真家たちの紹介ばかりでなく,美術の動向も伝え,ヨーロッパとアメリカのモダン・アートの橋渡しに貢献した.●ペテルブルクで血の日曜日事件(露).●フォーヴィスムの登場(仏・パリ).サロン・ドートンヌにマティスやヴラマンク,ドラン,ルオーらが出品.マルクの彫刻について批評家ルイ・ヴォークセルが「フォーヴ」(野獣派)と呼んだことがその名の由来.
1906
●サンフランシスコ大地震(米).●世界最初のスキー講座開設(米).
1907
●三井家の鈴木守貞が,運転手の許可第一号になる(日).●ライス夫人により,不要騒音防止会が設立される(米).騒音公害の萌芽がすでに現われていた.
1908
●週刊『サンデー』創刊(日).●東京音楽学校で歌劇《オルフェオ》上演が計画されたが,文部省から,風紀上の害があると中止を命ぜられる.教育及び公共の場では,男女の恋愛ものというだけで眉がひそめられた時代.●日本人のブラジル移民がはじまる.最初の移民は笠戸丸で出航.●東京で初の市民対象の図書館,日比谷図書館開館(日).
1909
●ピアリー,初めて北極に到達(米).●オニール,キューピー人形製作で特許を得る(米).●マリネッティ,『フィガロ』紙上に,未来派宣言(伊).速度や機械の美を称揚した芸術運動が,その後ごく自然な形でファシズムに傾倒していった歴史的事実.われわれの考える芸術(家)像とは,明らかにパラダイムの断絶がある.●両国国技館完成(日).