本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

オープン・サロン「オープン・スペース 2017 未来の再創造」出品作家によるイヴェント 
アーティスト・トーク 和田夏実(エマージェンシーズ! 033 出品作家)

2018年2月24日(土)午後2時より

オープン・サロン「オープン・スペース 2017 未来の再創造」出品作家によるイヴェント 
アーティスト・トーク 和田夏実(エマージェンシーズ! 033 出品作家)

概要

「オープン・スペース 2017 未来の再創造」展の新進アーティスト紹介コーナー「エマージェンシーズ!」にて「結んでひらいて/tacit creole」を展示中の和田夏実によるアーティスト・トークを開催します.

ゲスト:南雲麻衣,野澤幸男,川崎ゆり子
司会:畠中実(ICC)


日時:2018年2月24日(土)午後2時より
会場:ICC 4階 特設会場
定員:150名(当日先着順)
入場無料
手話通訳つき

主催:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]

インターネット中継

イヴェントの模様は,インターネット中継されます.

参加アーティスト

和田夏実

1993年生まれ.手話を第一言語として育ち,大学進学時にあらためて手で表現することの可能性に惹かれる.現在は慶應義塾大学大学院で視覚身体言語の研究を行ないながら,さまざまな身体性をもつ方々と協働して,それぞれの感覚を共に模索するプロジェクトを進めている.2016年度未踏IT人材発掘・育成事業「スーパークリエータ」認定.


南雲麻衣

1989年,神奈川県生まれ.スパイラル/ワコールアートセンタープロデュース部.象の鼻テラス担当.2008年,和光大学現代人間学部身体環境共生学科入学.2013年,小野寺修二(カンパニーデラシネラ)構成・演出の《鑑賞者》(あうるすぽっとプロデュース公演)に参加.映像作品の制作など,表現者として新境地を開拓中.


野澤幸男

筑波大学附属視覚特別支援学校高等部卒業.慶應義塾大学環境情報学部在学中.3歳の時にすべての視力を失う.小学生の頃からコンピュータに強い興味を持ち,独学でプログラミングを習得,視覚障害者向けのアプリケーション開発を始める.現在までに,40以上の作品に着手し.ホームページにて配布する.


川崎ゆり子

東京生まれ.福島の山奥で育つ.初舞台は4才,手話ダンスの全国大会.大学在学中,演劇の公演への出演を始める.近年はモデル,映像作品への出演も.

展示 & イヴェントをみる