本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

エマージェンシーズ! 028
久保ガエタン「破壊始建設/Research & Destroy」

2016年5月28日 - 2016年8月6日

エマージェンシーズ! 028
久保ガエタン「破壊始建設/Research & Destroy」

概要

昭和21年(1946年),終戦直後の日本では,貨幣を製造するための材料が不足していたため,戦時中の薬莢(やっきょう)などのスクラップを材料として50銭銅貨が製造されていたそうです.久保ガエタンは,そのような,あるものが別のものへと作り替えられ,生まれ変わったりするような,さまざまなものや出来事の来歴や因果関係に関心を持ち,それをさらに自身の作品として,再創造へとつなげていきます.先の50銭銅貨は,それをまた溶かして銃弾の形に鋳造し直し,元の形に戻されています.また,戦車を材料としている東京タワーから剥げ落ちた塗膜を砕いて顔料にし,それで描いたドローイング。久保の母の出身地であるボルドーで建造された戦艦が材料となったという浅草火力発電所から派生し,昭和39年(1964年)に取り壊された千住火力発電所,通称「お化け煙突」を削って作られた陶器など.

この展示は,歴史的な題材への入念な調査にもとづき,廃品を利用したオブジェ,模型,ドキュメント映像,写真,ダイアグラムなど,調査の過程で見出された事実や出来事から派生するさまざまな作品によって構成されています.新作である,曾祖父が日本海軍の駆逐艦の乗員だったことを発端に,その軍艦が戦後,海上自衛隊の護衛艦として再生したという事実にまつわる戦後の兵器の解体史を,証言とともに映像作品にし,それをもとに,その背後にある隠された連関を導き出します.


展示期間:2016年5月28日(土)—8月6日(土)

参加アーティスト

久保ガエタン

1988年生まれ.2013年東京藝術大学大学院美術研究科修士課程先端芸術表現専攻修了.超常現象や自然科学的に知覚できないもの,精神分析や社会科学の中の見えない関係性を「オカルト(隠された存在)」と総称し,独自の装置によって考察した作品を制作している.近年の個展に「記憶の遠近法」(音まち千住の縁,東京,2016).平成28年度,ポーラ美術振興財団在外研修員としてフランスで研修予定.

展示 & イヴェントをみる