本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

《リコンフィギュラブル・ハウス:ハッキング・ローテック・アーキテクチャー》 [2007] “RECONFIGURABLE HOUSE: HACKING LOW TECH ARCHITECTURE”

アーダーム・ショムライ゠フィシェル, ウスマン・ハック

《リコンフィギュラブル・ハウス:ハッキング・ローテック・アーキテクチャー》

作品解説

ペンギン型の無線機,樹脂で固められた猫の人形など,改造された電子玩具がぎっしりと吊り下がり,光や音を放つ「家」が建っています.家の中にはタッチ・スクリーンの端末が設置されており,訪れた人はそれを操作することで,これら玩具の電子的なつながりをソフトウェア上で「リコンフィギュア(変更)」することができます.
この作品では,既成のローテック・ガジェットの改造(ハッキング)やそれによって実現される新たな仕組み,そしてインタラクティヴなシステムを「アーキテクチャー」と呼んでいます. ハックとショムライ=フィシェルは,ただ反応(リアクト)するのではなく,「反応する領域自体が影響され変化していくこと」が重要であると述べています.それは各人が,自分にとって最適な状態に「リコンフィギュア」可能なインタラクティヴィティを指向するものであり,IT環境がはりめぐらされユーザーに立ち入る余地を与えない,「スマートホーム」と呼ばれるものへの彼らなりの批評ともいえるでしょう.

*センサーや玩具は中国製で,2006年のヴェネチア建築ビエンナーレのハンガリー館で展開されたインスタレーション《Re:orient》で使われたものを再利用しています.

アーティストによるこのプロジェクトのサイト“Reconfigurable House: Hacking low tech architecture”では,ICCの会場の詳細および会場内のセンサーのデータ値(開館中はライヴでフィード中)およびウスマン・ハックの主宰する《EnvironmentalXML》のデータフィードを得ることができます.

アーティスト

展示情報

作品一覧