本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN
戻る

《Haptic TV》 [2018] “Haptic TV”

制作:NTTコミュニケーション科学基礎研究所

《Haptic TV》

作品解説

Haptic TVは,コンテンツ配信で利用されるメディア格納領域に,新たに「Haptic(触覚)」データを含めることで,映像や音声に留まらない近未来の鑑賞体験を作り出します.リビングルームで触覚付きのテレビを見て,リラックスしたり,楽しんだり,怖がったり,新感覚のコンテンツを体験してみてください.映像と音声に,新しく触覚の情報が伝えられることで,スマートフォンやテレビで映像を見て,イヤフォンで音声を聞くだけではなく,その動きや気持ちの変化を,身体を通した実感として感じられます.ドラマの登場人物の鼓動を感じることで,思わず感情移入してしまったり,スポーツ観戦の場で床の揺れが伝えられることで,遠くにいても会場との一体感が生まれてきます.


制作:NTTコミュニケーション科学基礎研究所
企画:渡邊淳司,鎌本優(NTTコミュニケーション科学基礎研究所)
研究協力:南澤孝太,加藤大弥,真保ありあ,中村開,鵜重誠(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 Embodied Media Project)
制作協力:藤原愼哉,油木田大祐,渡島健太,高谷優偉(dot by dot inc.)
映像制作協力:浜田雄平
映像協力:
CH1:長岡まつり花火大会(協力:長岡市,撮影:NAKED inc.)
CH2:あちゃん(原画・触覚デザイン:鈴木理絵子)
CH3:空手(協力:公益財団法人全日本空手道連盟)
CH5:出産ドキュメンタリー(協力:九州大学病院)
CH6:Haptic体操(製作:Haptic Design Project)

展示情報

作品一覧