本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

野老朝雄 TOKOLO Asao

野老朝雄

プロフィール

アーティスト.1969年東京生まれ.幼少時より建築を学び,江頭慎に師事.2001年9月11日より「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め,美術,建築,デザインの境界領域で活動を続ける.
単純な幾何学原理に基づいて定規やコンパスで再現可能な紋と紋様の制作や,同様の原理を応用した立体物の設計/制作も行なっている.
主な作品に,大名古屋ビルヂング下層部ファサードガラスパターン,東京2020 オリンピック・パラリンピックエンブレム,大手町パークビルディングのための屋外彫刻作品などがある.
2016年より東京大学工学部非常勤講師,東京造形大学客員教授,2017年より筑波大学非常勤講師を務める.

[2018]

作品

展示 & イヴェント