本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

畠中実 HATANAKA Minoru

畠中実

プロフィール

1968年生まれ.多摩美術大学美術学部芸術学科卒業.1996年の開館準備よりICCに携わり,「サウンド・アート」(2000)や「サイレント・ダイアローグ」(2007),「[インターネット アート これから]——ポスト・インターネットのリアリティ」(2012)等,多数の企画展を担当.このほか,ダムタイプ,明和電機,ローリー・アンダーソン,八谷和彦,ライゾマティクス,磯崎新,大友良英,ジョン・ウッド&ポール・ハリソンといった作家の個展を行なう.「六本木クロッシング:日本美術の新しい展望2004」(2004/森美術館)に共同キュレーターとして参加.Sonar Music Festival(2006/バルセロナ)では日本アーティストのショーケースのキュレーションを担当.

[2016]

展示 & イヴェント

これからの社会のためのアート&テクノロジーとは

アーティスト・トーク

「リズム風景」展関連イヴェント

これからのテクノロジー環境における新しいヴィジョンを求めて

人工知能とアート 来るべきもの

これまでの20年/これからの20年 その先へ

トーク「New Style New Artist—アーティストたちの新たな流儀」

メディアアート国際シンポジウム「“アート&テクノロジー”」

三上晴子氏追悼イヴェント「RE/membering MIKAMI Seiko」

クロージング・トーク

オープニング・トーク1

〈第十回〉 総括会議

「磯崎新 都市ソラリス」展 プレ・イヴェント
シンポジウム「都市ソラリスへ」

座談会「[インターネット アート あれから つづき]」

インターネット・リアリティ研究会による座談会

座談会「[インターネット アート あれから]」

アーティスト・トーク dividual

アーティスト・トーク DJぷりぷり=金太郎 + ライヴ

座談会「『セカンド・サマー・オブ・ウェブ』とはなんだったのか?——[インターネット アート あのころ]」

アーティスト・トーク パーカー・イトー

座談会「『ポスト・インターネット』を考える(β)」

座談会「お絵描き掲示板のインターネット・リアリティ」

座談会「ポスト・インターネットを読む」

アーティスト・トーク 川島高,谷口暁彦

アーティスト・トーク

シリーズ「新しい〈未来〉」 Vol.4 未来について—未来をデザインする raster-noton talk & presentation @ ICC

シリーズ「新しい〈未来〉」 Vol.3 工学から芸術と未来を考える

シリーズ「新しい〈未来〉」 Vol.2 未来に向けて考える

ギャラリートーク

シリーズ「新しい〈未来〉」 Vol.1 わたしたちの新しい進化

座談会:インターネット・リアリティとは?

シンポジウム「音楽メディア進化論」

シンポジウム「メディア・アートにおける音楽とはなにか」

アーティスト・トーク 野老朝雄,今井健

オープン・サロン トーク・イヴェント「ソーシャル・ネットワーク〈進化〉論——ガラパゴス化なのか,それとも……」

パフォーマンス&アーティスト・トーク 志水児王 座談会:志水児王×角田俊也×畠中実(ICC)

アーティスト・トーク 小金沢健人×畠中実(ICC)

オープン・サロン トークイヴェント「リアルタイム・ウェブの現在とこれから」

オープン・サロン「オープン・スペース 2010」プレ・イヴェント

オープン・サロン トークイヴェント「メディア・アートってなんなんだ?」

プレゼンテーション/ディスカッション「アーキテクチュラル・コーディング――アルゴリズムを用いた新しい空間設計」

シンポジウム「可能世界空間論」

ICC×東京藝術大学大学院映像研究科×東京大学大学院情報学環合同企画 オープン・サロン/メディア・アートとは何か? 「記号論で読み解くメディア・アート入門」

アーティスト・トーク 山口崇洋

アーティスト・トーク 藤木淳,武藤努

オープン・サロン 鈴木英倫子「ユングフラウの月」アーティスト・トーク+ライヴ

ICC開館10周年記念セッション・シリーズ Vol.1 特別シンポジウム「メディアxアートの創造と未来」

ICC開館10周年記念セッション・シリーズ Vol.1 特別シンポジウム「メディアxアートの創造と未来」第1回

担当学芸員によるギャラリーツアー

学芸員による解説ツアー

シンポジウム「メディア・アートの新世代」

アーティスト・トーク

シンポジウム

ポスト・ミュージック/脱音楽の位相