本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

季刊 InterCommunication No. 47 2004 Winter

InterCommunication No. 47
発売中 定価:1,440円(税込)

特集

CODE/コモンズ/ソフトウェア
——創造の原理と権利

アルゴリズムとしてのアート 山形浩生

Exe.cut[up]able statements:——ユーザー・インターフェイスへと急浮上するコード フローリアン・クラマー/大宮勘一郎[訳]

プログラミング・メディア ケイシー・リース/江渡浩一郎[訳]

それをアートとは呼ぶまい——アルス・エレクトロニカ2003「CODE」 レフ・マノヴィチ/白井雅人[訳]

ソフトウェアはアートになりうるか——アルス・エレクトロニカ2003「CODE」レポート 徳井直生

プログラミングと演奏——コレクティヴ・ヴァーチュオーソの誕生 久保田晃弘

友達の友達はみな友達?——セマンティック・ウェブとウェブログ 歌田明弘

[CODE/コモンズ/ソフトウェアの観念史]

民主的に支えられる資本主義——『CODE』と『コモンズ』とクリエイティヴ 鈴木謙介

環境と所有権——コース、ハーディンと「コモンズ」 小島寛之

チューリング・テストと対話アルゴリズム 細馬宏通

パサージュとヴァルター・ベンヤミン 山口裕之

「反ソフトウェア」——キットラーの言説分析、あるいはピンク・フロイドについて 北田暁大

機械とジル・ドゥルーズ 小泉義之

開かれた作品とウンベルト・エーコ 篠原資明

なぜ《ワラッテイイトモ、》のアラン・スミシー・ヴァージョンは、かくも猥褻で、美しく、そして笑えるのか 五十嵐太郎

TREND MIX

Film スタイル=コピーの時代——アメリカ映画の現在 1 青山真治

Books 「作者」はコードになるのだろうか——松澤和宏『生成論の探求』 石原千秋

Performance イギリス、フリンジ・シアターの新展開——shuntの実験にみる「68年的運動」の再生と進化 大野裕之

Music オーストラリアのサウンド事情 藤枝守

Mathematics まあそんなに急がないで、じっくり考えてみてよ 深谷賢治

“学術界のロック・スター”ジジェクの新著 小林浩

“2軸動作”で見る2003年のスポーツ界 小田伸午

うろこが語る、新・街並みの美学 ぽむ企画

Special

沖縄現代史と〈反復帰論〉 小熊英二+新川明

連載

坂本龍一skmt2 05
後藤繁雄+中島英樹

メディアは存在しない 6 三囚人のシステム理論は可能か? 斎藤環

片隅の啓蒙 5 人間の条件と動物の生 稲葉振一郎

生命と文明のはざまで 6 アラマタ的な知のあり方をめぐって 2 佐倉統

ICCのページ

活動レポート 企画展「サウンディング・スペース——9つの音響空間」

活動レポート シリーズ展示「as media——メディアとしてのICC」

活動レポート 夏の子どもワークショップ「サウンド・アーティストになってみよう!」

インフォメーション
ICCのご案内
関連書籍案内
バックナンバー情報
常備書店/購読案内