本サイトをご利用の際,最新版のFirefoxGoogle ChromeInternet ExplorerSafariなどを推奨しております.
現在ご利用のブラウザでは,レイアウトなどが崩れる可能性があります.

JA / EN

季刊 InterCommunication No. 46 2003 Autumn

InterCommunication No. 46
発売中 定価:1,440円(税込)

特集

沖縄——〈帝国〉から遠く離れて

カラー OKINAWA BAROQUE 小野一郎

対談 沖縄——視線と自画像の相克 小熊英二+仲里効

沖縄への視線/沖縄からの視線

〈沖縄〉の発見 1——琉球王国の自己呈示とヤマトからの視線を中心に 石原俊

〈沖縄〉の発見 2——欧米植民地帝国からの視線を中心に 石原俊

沖縄の原語——「琉球語」または「琉球方言」として 仲原穣

伊波普猷を読むということ——『古琉球』をめぐって 冨山一郎

『海南小記』の果て——民俗学・人類学と沖縄 原毅彦

「国文学」と沖縄——文化の三層 藤井貞和

米軍占領下の沖縄文学——異文化接触という隠蔽に抗って 新城郁夫

沖縄文学の現在——「他者の言葉」で/を書く 新城郁夫

芸術と沖縄——忠太・宗悦・太郎と沖縄の反応 翁長直樹

沖縄文学の回帰する台風——知念正真『人類館』 鵜飼哲

沖縄は植民地か——ポストコロニアリティの歴史認識 屋嘉比収

沖縄は植民地なのか?——「反国家」の「闇の奥」への遡航 森宣雄

物語世界のなかで——南島をめぐる言説と沖縄 田仲康博

沖縄ブームの陰で——メディアが表象する沖縄 田仲康博

ウルトラマンの作家たち——金城哲夫と上原正三 切通理作

「沖縄ポップ」について——「沖縄同士の差異」から「日本の中の沖縄」へ 新城和博

沖縄の幽霊——中江裕司と青山真治の映画から 北小路隆志

山形国際ドキュメンタリー映画祭2003 沖縄特集——琉球電影列伝/境界のワンダーランド

写真と〈沖縄〉——記録と表現のはざまで 大竹昭子

沖縄ポップと「しまうた」——融解する境界 久万田晋

インタヴュー 「物語」が生まれる場所 池上永一/大城譲司[取材・文]

「沖縄人プロレタリアート」と「琉球南蛮」——沖縄戦後史の終焉の現在 森宣雄

身体の奥の眼?——〈沖縄〉とヘテロトピアの思考 上村忠男

折込 沖縄マップ——基礎データ/歴史・基地・観光

TREND MIX

Books 屹立する郊外——川本三郎『郊外の文学誌』 石原千秋

Film 『ファム・ファタール』または天国は待ってくれるか?——ブライアン・デ・パルマ『ファム・ファタール』 青山真治

Performance 歌舞伎になったチャップリン——八月歌舞伎座の実験が教える日本文化の粋 大野裕之

Software Generativeなソフトウェア——プログラマとユーザのあいだの“ゆらぎ” 徳井直生

Mathematics (数学の)問題が解けないときはどうするか 深谷賢治

ハーバーマスとデリダの“共闘” 小林浩

発想の原点をめぐる本たち 柳喜悦

フォークトロニカ——オーガニックなエレ/アコ混合サウンド 松山晋也

ルチアーノ・ベリオ、はじめの10枚 白石美雪

開放的なユーモア——イオセリアーニの映画 細川晋

Special

to be continued——ビリー・クルーヴァーとE.A.T. 岡崎乾二郎

連載

メディアは存在しない 5 ゴースト、あるいは複製に抗う残余 斎藤環

片隅の啓蒙 4 虚構とポストモダン 稲葉振一郎

生命と文明のはざまで 5 アラマタ的な知のあり方をめぐって 佐倉統/荒俣宏[ゲスト]

ICCのページ

展覧会レヴュー コンサート「デイヴィッド・テュードア《レインフォレストⅣ》

音の降る雨林 川崎弘二

展覧会レヴュー 「サウンディング・スペース——9つの音響空間」

「サウンド・アート」とは何だったのか 柿沼敏江

音楽から音響へ 針谷周作

インフォメーション
関連書籍案内
バックナンバー情報
ICCのご案内
常備書店/購読案内